インフォメーション

2019/05/27

Gustoのお客様_T様 おかやまエンデューロ3位!

本日はホイールのメンテを兼ねて来て頂きました。Gustoのウェア上下でご来店有難うございます。

第9回おかやまエンデューロ[開催日:平成31年4月21日(日) 会場:岡山国際サーキット(1周3.703m)]

アタック180総合で総合3位 OPN No,2207 周回数:48周 タイム 4:25:49.097おめでとうございます!!グージョブです!

2019/05/24

ツール・オブ・ジャパン 総合時間賞

グストteam頑張ってますね!いまだ総合時間賞ではトップを保持してますね。5/24のステージは長すぎてベンジャミンは距離が合わないらしいですが、東京のステージまで、六人全部ケガなくベストをつくしてください!

第5ステージ<レポート>
登って下ってヘアピンカーブ。タフなレースの締め括りは1kmストレートの集団スプリント。豪快な差し切りでフェデリコ・ズルロ(ジョッティ・ヴィクトリア・パロマー)がステージ初優勝!  日時:2019年5月23日(木曜日)天候:晴れ27℃  内容:NTN presents 2019 ツアー・オブ・ジャパン第5ステージ 南信州  来場者数:38,000人

オープニングラップ、恐ろしいほど静かに進む集団から、2周目に入ってようやくフィリッポ・ザッカンティ(NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネ)、メトケル・イエブ(トレンガヌ・INC・TSG・サイクリング・チーム)、岡篤志(宇都宮ブリッツェン)による3名の逃げが決まると、前日の美濃ステージ同様レースリーダーを抱えるリュブリャナ・グスト・サンティックがメイン集団のコントロールに入る。
----------
チーム・ブリッジレーンの完璧なトレインも、少し早めにカードを使い切ったか、他のチームも一緒に引っぱり上げる形となって複数のチームが一斉にゴールへなだれ込む中、強烈なスプリントでまとめて差し切ったのはフェデリコ・ズルロ(ジョッティ・ヴィクトリア・パロマー)。自身にもチームにもツアー・オブ・ジャパン初優勝をもたらした。全体の4位でゴールしたベンジャミン・ヒル(リュブリャナ・グスト・サンティック)は今日もリーダージャージをキープして明日の富士山ステージへ向かう。------

第5ステージ順位
1位 フェデリコ・ズルロ(ジョッティ・ヴィクトリア・パロマー) 3時間10分24秒
2位 レイモンド・クレダー(チーム右京) +0秒
3位 ニコラス・ホワイト(チーム・ブリッジレーン) +0秒


個人総合時間賞(グリーンジャージ)
1位 ベンジャミン・ヒル(リュブリャナ・グスト・サンティック) 12時間27分54秒
2位 アダム・トーパリック(チーム・ザワーランド・NRW・P/B・SKSジャーマニー)+2秒
3位 レイモンド・クレダー(チーム右京) +7秒
---------

ベンジャミン・ヒル(リュブリャナ・グスト・サンティック)のコメント
「今日はグリーンジャージをキープすることがチームの目標でした。本当はステージ優勝もしたかったのですが、自分より早い選手が何人かいたということです。4位にも満足はしているけれど、やはり勝ちたかったという気持ちはあります。とにかくジャージをキープするという目的を果たせたので、チームとしては勝利ともいえると思っています。」

2019/05/22

ベンジャミン・ヒルとチーム共々おめでとう!

第3ステージ リザルト(RESULTS)

最終周回、一発の強烈なアタックでステージ優勝をたぐり寄せたベンジャミン・ヒル(リュブリャナ・グスト・サンティック)!

日時:2019年5月21日(火曜日)
天候:晴れ22℃
内容:NTN presents 2019 ツアー・オブ・ジャパン第3ステージ いなべ
来場者数:20,000人

第3ステージでは 個人総合時間賞がグストteamのベンジャミン・ヒルがトップです!!!

今日は第4ステージ(美濃)どうでしょうか。第3ステージの初めの落車とかバイクの不調とかがないことを祈ります!

2019/05/20

Gusto Wear

ツール・オブ・ジャパン 堺ステージでGUSTOチーム、六人ともサインしていただきました!!(^^)希望のあるかた、店にご連絡(メールでも電話でも)くださいませ。サインないものも在庫が少しはありますから、GUSTOにライダーにはオススメします(^^)

 

2019/05/20

ツール・オブ・ジャパン行ってきました!_5

105モデルも人気でそうです。ホイールはルクライム  レーシング9がついてました。

1 2 3 4 5 6